薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンの正体

男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きにより、男性はがっちりした骨格や筋肉を形作ることができます。

そして、太いしっかりした髪や、濃い髭が生えてきたりもしますが、ある男性ホルモンが分泌されるようになってくると、薄毛が始まり、さらに、成人男性の脱毛症としてはとても一般的な、男性型脱毛症を起こすことになるのです。

ですから、病院で出される医薬品や、市販の育毛剤などの育毛製品には、男性ホルモンの分泌を抑える作用を持つ成分が、加えらえれているものが多くあります。

ところで、薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンの正体は、テストステロンから変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。

これの働きにより、薄毛から脱毛へと、速やかに進むであろうことが予測できるため、テストステロンからDHTを作り出してしまう酵素、5αリダクターゼの抑制が大切なようです。

気にされる方は多いようですが、パーマやヘアダイがAGAに直結すると考えるのは、実は誤りです。

AGAは男性型脱毛症といって、ジヒドロテストステロンという性ホルモンに由来するものということが分かっています。

とはいえヘアカラーやパーマをかけるといった行為が地肌や髪に負担をかけることは事実ですので、それ自体が脱毛・薄毛の要因となることはあるでしょう。

負荷を少しでも減らせるように、美容院では低刺激性のものを選び、自分で染めるなら今まで以上にていねいに洗い流すよう心がけてください。

検査でしたらAGA専門のクリニックでも普通の皮膚科でも受けることができます。

AGA関連遺伝子検査キットのようなものを買えばわざわざ病院に行かなくても検査ができてしまいますが、割安を謳っているだけあって、ざっくりとした結果しか得ることができません。

将来のAGA発症予測や抗男性ホルモン薬の有効性についてはわかりますが、実際に現在AGAを発症しているのか、それとも自然な抜け毛の範疇なのかはわからないです。

適確な治療につながるような検査結果が欲しければ病院に行って検査を受ける方が良いということになります。

近頃、抜け毛が多くなってきたと思ったら、確実な方法でヘアケアを行い、育毛を意識することが大事です。

自己流の手段では毛髪や頭皮に負担となってしまう可能性があります。

それに、毎日の生活習慣を見直し、正すことも育毛に欠かせない事項なので、コツコツと努力をすることが大切です。

そうした上で、育毛剤などを使用することで、より効果に期待が出来るでしょう。

近頃、特にネット上で、ブブカという育毛剤が何かと話題になっていますが、ご存知でしょうか。

よく効くということで人気が出始めているのですが、処方箋が必要な医療用医薬品ではなく、誰でも買うことができる医薬部外品の育毛剤です。

ブブカには「褐藻エキスM-034」という、海藻を原料とした天然成分が配合されているのですが、天然由来でありながら、薄毛治療薬ミノキシジルと同等の効果が期待できて、しかも副作用の心配も小さいため、評判になっています。

それに、天然成分「オウゴンエキス」の働きにより、男性型脱毛症を起こす要因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を7~8割程阻んでくれるそうで、これは、テストステロンをDHTに変換させる5αリダクターゼを、「オウゴンエキス」が抑制することによって成されます。

褐藻エキス、オウゴンエキスの他にも、厳選された様々な成分が配合され、育毛を促してくれます。

抜け毛の原因のひとつは頭皮の血流が不足することによる血行不良です。

頭皮だけでなく全身の血行を良くすることが最も効果的ですので、運動不足を解消しましょう。

育毛の効果を高めるために、軽めで構いませんので、それなりの運動量を毎日の生活の中に組み込んでいきたいものです。

とはいえ、休日以外に時間はないし、運動なんてなかなか始められないという人も少なからず聞かれます。

誰にでもできるという点でおすすめなのは、ストレッチです。

そんなものぐらいと思わないで試してみてください。

激しい動きより、ゆっくりめの動きが良いでしょう。

ストレッチは筋肉だけでなく、自分で動かすことのできない血管の緊張をほぐすことができるので効果が高いのです。

外では合間を見て、首や肩を回してみてください。

首から肩にかけての血行を良くすることで頭皮も血流も良くなり、気持ちもスッキリするはずです。

これに、朝起きたときと、夜寝る前のストレッチを加えれば、回数も確保できます。

家では1動作×8回を何セットというようにメニューを決めておくと、「なんとなく」にならずにきちんと運動できるので、いいですよ。

クリニックでの治療と同時に、患者さん本人がその効果を高めるAGAのケア方法が幾つかあげられます。

ざっくり言うなら患者さん本人による生活パターンの改善です。

育毛効果が高いとされる亜鉛、たんぱく質、ミネラル成分を摂取できる食品を意識して食事に取り入れましょう。

加えて、血行不良をなくすためタバコを控えるか、出来ないのであればニコチン含有量の少ないものに変え、ほかには入浴時のスカルプマッサージも効果的だと言われています。

習慣になっている人には耳の痛い話でしょうが、AGAにはタバコは百害あって一利なしです。

非喫煙者と喫煙者を比較した場合、後者のほうがDHTと呼ばれる成分、すなわちAGAの発生因子である体内物質が増えるのです。

これはテストステロンより強い男性ホルモンです。

喫煙で体内に取り込まれたニコチンは即時的に血流を悪化させる作用があるため、体にも髪にも二重に悪影響をもたらすことになります。

せっかくの治療効果が減殺されてしまいますから、薄毛や抜け毛の背景にAGAがあるようでしたら禁煙したほうが、AGAの進行速度を抑えることができます。

育毛中の人が、コンディショナーを使うことについては人によって見解が違うようです。

コンディショナーが髪に与える効果は、傷んだ髪の表面をコーティングすることですが、この成分が毛穴詰まりを起こしてしまうと髪の成長に悪影響が出ますから、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。

ただ、最近は育毛用のコンディショナーが売られていますし、毛穴詰まりを予防する為にシャワーできちんと洗い流すことで育毛にも効果的に使うことができるはずです。

ところで、育毛ならば海藻、と連想しますが、しかし、海藻をただたくさん食べればいいかと言えば残念なことに、育毛はできないのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛の助けとなりますが、それのみで髪が成長したり、生えるほど簡単ではないのです。

亜鉛、鉄分、タンパク質など、育毛を期待するには、栄養素が多様に必要となってくるのです。

AGAの治療方法はおおまかに2つに分けられます。

よく知られているところでは薬の内服、外用薬の塗布といったお薬が中心の治療で、もうひとつは頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかけるといった医療技術者でなければできない施術があります。

二つとも甲乙つけがたい治療法で、それぞれ体質や症状の出方等で効果は変わってきます。

病院で医師に自分の症例に最適な治療を幾つか挙げてもらい、理解したあとで治療にとりかかることをお勧めします。

厚生労働省の定める医療保険の適用外であるAGAの治療は、治療期間も長いですし、医療費もまとまると結構な額になります。

処方頻度の高い薬のうちプロペシアという内服薬については複数の会社からジェネリック薬が出ているので、高価な先発医薬品から切り替えて使用すればかなりの節約になります。

これまでも海外ではジェネリック医薬品がさまざまな種類が流通していましたが、国内では2015年にファイザー、2016年にサワイなどのジェネリックがすでに販売されています。

肺がんのリスクを高めるタバコですが、これは薄毛や抜け毛の原因とも言われています。

タバコのニコチンは体内の血管を細くしてしまう作用が認められてます。

血行が阻害されることで血圧が上がり、頭皮にも悪影響が及びます。

当然、頭皮にある毛母細胞(髪の毛を作りだす細胞)にもダメージが及び、育毛治療にとってはマイナスになります。

本気で育毛するなら、タバコを止める方が賢明だと言えます。

血液が滞りなく流れるようにすることと同様に、頭皮や毛根周辺のリンパ液の流れを良くすることが髪の毛を健康にする秘訣です。

リンパには体内の不要成分を身体の外に排泄するはたらきがありますし、抵抗力をつける機能性を有しているのです。

リンパ液と血液、どちらの流れも良くなることで丈夫な髪の毛が生える土台が作られるようになるのです。

マッサージをすることで、循環が悪くなったリンパ液の流れを回復することができます。

インターネットの普及とともに決済方法も多様化され、育毛剤や育毛系の内服薬などの製品を個人輸入したり、輸入を代行してくれる業者が数多くあり、正規ルートを通さない販売数が増加の一途をたどっています。

手間はかかりますが、正規のルートの価格と比べると驚くほど安く購入でき、またそうした商品を並行輸入品として店頭販売しているお店もあるようです。

たしかに安いというのは無視できないメリットですが、本物かどうかの保証はありませんので、利用者のほうでもそれなりの知識が必要だと思います。

虚偽が疑われるサイトURLを記載したサイトもあるので確認してみてください。

しかし、それはごく一部が判明しているに過ぎません。

ちなみに私が見つけたサイトの運営会社は日本国内でしたが虚偽の住所(10階建ビルの13階)を使用していました。

偽装食品がトピックスでもしばしば取り上げられていますが、あんなふうにカサ増しだったり、まったく違うものだったりすると怖いですね。

食品なら1食で済むかもしれませんが、育毛は毎日のことです。

効果がないだけならまだしも、正規品にはない副作用が報告されているケースもありますし、当然ながら返品もきかず、保証もありません。

代表的なものはハーグ治療や育毛メソセラピーといった注射で直に頭皮へ育毛成分を届ける方法で行う育毛治療があります。

経口で薬を取り入れる場合よりも有効成分をダイレクトに頭皮に行き渡らせることができるので、効果の高い治療法と言われています。

医療行為である注射が必要なので、育毛サロンでは施術が受けられず、この治療を受けたい人は医師が勤務しているクリニックを選びましょう。

薄毛に悩む人の中には、目が飛び出るほどの金額を育毛にかけている方も珍しくはありません。

でも、悲しいことに多額の費用をかけたからと言っても、改善がみられないこともあるので、しっかりと抜け毛の原因を把握して、対策を練りましょう。

また、やみくもにお金に頼るよりも、原点に戻って普段から些細なことからでも意識している方がひいては育毛へと繋がっていきます。

つまりは、普段からの生活習慣を良いものにするよう心がけるようにしてください。

よく健康番組で取り上げられる青汁ですが、実は育毛効果が得られるということもある模様です。

薄毛の原因として栄養不足が挙がってしまった場合、青汁を摂取することでビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養を摂取することができ、育毛という点につながるかもしれません。

青汁の中には、育毛にとってとっても必要な栄養をとっても多く含まれているものもあり、利用する人々がじわじわと増えてきています。

誰でも一度は、ワカメが髪に良いという話を聞いたことがあると思いますが、ヨウ素などが含まれている海藻を積極的に食べたとしても、毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。

けれども、海藻類のヌルヌルに含まれるフコイダンという食物繊維の一種が毛母細胞から髪を作るために必要なIGF-1の物質を生み出すために必要なことが研究によって明らかにされました。

別名ソマトメジンCとも言われるIGF-1は、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも作られることが分かっています。

通常の大人の場合で1日に数十本から100本の抜け毛があると言われています。

それでも髪が薄くならないのは、抜け毛の量に相応した充分な発毛があるからです。

ですから、薄毛の対策としては「発毛を増やす」、「抜け毛を減らす」の両方が大事なのです。

では具体的に何からはじめたら良いかというと、育毛のために血行促進を念頭に置いた生活をするようにしましょう。

動脈硬化や運動不足などによって血液の流れが妨げられると、きちんと食事をとっているつもりでも、髪の発毛と生育に必要な栄養や微量元素が頭皮に行き渡らないだけでなく、血液を通じた老廃物の排出量も減ってしまうため、頭皮全体が不健康な状態になってしまいます。

育毛剤で頭皮をトントンするのを想像するかもしれませんが、何もつけずに指先でマッサージするだけでもいいです。

そうして血流を改善させつつ、血行を良くするには血管がドロドロの状態は避けたいので、水分を意識的にとることが大事です。

一度にたくさんとれるものではありませんので、一日を午前、午後、夕食後に分けて無理なく一定量をとりましょう。

血液がサラサラになると言われている食品をとるのも良いですね。

運動は心肺機能を強化して血流を改善するので、育毛には大いに役立ちますので、あわせて行っていきたいものです。

髪に与える影響が大きいのが、毎日の食事です。

髪の悩みに効く食材は、良質なたんぱく質が豊富に含まれている食材です。

たんぱく質は、毛髪を作りだすために使われる栄養素です。

具体的な食品を挙げるとすると、大豆、卵、乳製品などの食品です。

これらの中でも、男性ホルモンを抑えるイソフラボンを多く含んだ大豆は、育毛の対策に高い効果が期待できる、おススメの食材です。

遠赤外線というのは、暖房器具などの話題に挙がることが多いですが、長い波長を持ち身体の芯までエネルギーを届けることのできる光を言います。

その遠赤外線は身体を温かくするのみならず、育毛にも効果的だと研究により示されています。

血液の循環が遠赤外線を照射すると活発化し、その後に使った育毛剤の浸透率がとても改善されるとのことです。

2倍にまで浸透率を上げることができたという報告が挙がった例もあります。

投薬治療や外科的処置とは区別して考えるべきですが、長期にわたるAGAの治療では頭皮のマッサージが有効ですから、やり方を知っておいて損はありません。

的確なマッサージによる刺激で地肌環境が改善され、通院で行われる治療の効果が出やすくなるのです。

人にやってもらうのも可能ですが毎日自分で続ければ代謝が良くなり、脱毛や肌トラブルを招く角栓を生じにくくし、古い代謝物が落ちやすくなり、少ないシャンプー液で済むので頭皮への負担も減らせます。

色々なところでやっている育毛シャンプーのコマーシャルにふれると、このような宣伝から育毛用のシャンプーだけ使えば髪の毛がフサフサするかのように間違って思い込んでしまうかもしれません。

そうはいっても、育毛シャンプーの使用のみで充分な発毛があるとは言えません。

これらの育毛用シャンプーがもたらす役目というのは頑丈な髪が生えやすいよう頭皮の環境を調節することであって、直々に毛根への作用を持っている訳ではないのです。

これから育毛していきたいと考えているのなら、血行促進を意識するようにしてください。

貧血だったり血液の流れが悪いと、髪の生育を維持していくための栄養素や、発毛させるための物質が頭皮に行き渡らず、老廃物がたまりがちになって、育毛の効果が得られにくくなります。

血液がサラサラになるような食生活をするのが良いですが、四季の変化のある日本では意識的に水分をとることも忘れてはいけません。

すみずみまで血行が良くなるような生活を心がけましょう。

カロリー計算は大変ですが、脂質を避けたメニュー選びなら簡単です。

暴飲暴食を控え、血液がドロドロにならないよう、暑い時期や入浴後には水分を充分にとりましょう。

ストレッチで筋肉の緊張をとると血行が良くなるので、夜だけでなく朝にも行うと良いでしょう。

血行改善によって育毛に得られるメリットは、大きいです。

皮膚科のAGA(薄毛)治療のなかには、薬液を点滴するという方法があります。

薬として服用してもすぐに体外に排出されてしまうビタミンやミノキシジルなどの配合液を地肌に注入するので、薬剤の使いすぎを防いで体の負担を抑え、それでいて経口摂取よりも育毛効果が感じられるというクチコミが多く寄せられています。

同じ注入方法でも注射と比べると、注入にかかる時間も長く、費用も高いのようです。

クリニックによってはオトクなセット料金もあるので、先に確認したほうが良いでしょう。

しかし、費用対効果の面で支持する人は少なくありません。

様子を見ながら行うため副作用が起こりにくく、起きてもすぐ対処できるところが点滴治療のメリットでしょう。

便利な時代ですので、インターネット通販などで海外のものを調べれば、日本のものよりももっとすごい育毛剤や安価なAGAの専門薬を買うことが可能です。

ただ、海外とのやりとりでのデメリットは保証が何もないということです。

全てが髪や体にいいという訳ではなく、偽物や、粗悪品などもあり、健康を脅かしてしまうものもあるのです。

しかし、根本的に、欧米人と日本人では体質や体格など差が大きいので、同じ商品を使うにしても安心はできません。

育毛剤にはいろいろなタイプがあり、塗るタイプより内服薬の方が高い効き目を期待できるのですが、その反面、副作用を引き起こしてしまう心配も高まります。

内服する育毛剤を使い続けると、その副作用として、頭痛、めまい、腹部の不快感、吐き気などがあるそうです。

それに、内服育毛剤であっても炎症、かゆみなど、頭皮の異常が起こる可能性もあると言います。

もしも副作用が起きたなら、使用を続けるべきではないでしょう。

タンパク質を多く摂ることができる乳製品は、現在育毛中の人にはぴったりの食品です。

チーズはその中でもL-リジンという必須アミノ酸を持っていて、これは育毛治療の際に使われることが多い成分のミノキシジルがよく働くよう作用します。

つまり、努めて摂取すると良いでしょう。

とは言え、むやみに摂取してしまうと乳製品全般に入っているカゼインが他の栄養素の吸収の邪魔になるため、節度を持って摂取しましょう。

男性の場合は、それほどこだわらないことがほとんどですが、効果的な育毛のためには、それにふさわしいクシを選ぶことが大切です。

いい加減にクシを選んだために抜け毛が悪化する場合がありますので、自分の髪にふさわしいくしを選ぶことを強くおすすめしておきます。

日々のブラッシングは、頭皮のメンテナンスでもありますし、櫛はとても重要視すべきアイテムなのです。

頭皮の状態や部位によって櫛を使い分けるほど、真剣に髪をケアする人もいます。

こちらもおすすめ>>>>>薄いので育毛剤で分け目へ