頭皮ケアは、育毛をする上で必要不可欠です

頭皮ケアは、育毛をする上で必要不可欠です。

頭皮ケアを正しく行えば、抜け毛の悩みは軽減し、それどころか生えてきた健康な髪の毛に感動することになるでしょう。

ただ、薄毛の原因が他にある場合、頭皮をケアしていくだけでは効果が見られないこともあるので、原因をはっきりさせることが第一歩であると言えます。

なるべく早めに対策した方が、薄毛に対する効果は大きいので、頭皮のケアだけに絞るのではなく手を尽くせるだけの対策を行うべきでしょう。

喫煙者にとっては厳しい事実かもしれませんが、AGAにはタバコは百害あって一利なしです。

非喫煙者と喫煙者を比較した場合、後者のほうがジヒドロテストステロンという抜け毛を助長する性ホルモンが増加するからです。

喫煙で体内に取り込まれたニコチンは即時的に血流を悪化させる作用があるため、気晴らしの代償は高いものにつくでしょう。

育毛やAGAの治療には大きなハンデとなりますので、これからAGAの治療をしたいのであれば早いうちに禁煙するほうが、症状が進む速度も遅くなります。

近年、発毛クリニックである「リーブ21」がウーロン茶に育毛を促進する作用があるというレポートを日本薬学会に提出しました。

ウーロン茶が、DHTという薄毛の原因であるホルモンの過剰分泌を抑制する効果が確認され、AGAという男性型脱毛症の症状が改善される可能性があるとのことです。

しかし、ウーロン茶を飲めば、すぐに発毛に繋がるというわけではありません。

血行不良は身体を不調にしますが、頭皮もダメージを受けるのです。

頭皮に流れる血流が悪くなってしまうと髪が栄養不足で成長できなくなります。

結果的に、髪も痩せすぐに抜け落ちてしまう可能性が高く、どんどん薄毛の症状が加速してしまいます。

薄毛に悩む人に血行不良の改善が優先されるのはこれが理由です。

湯船に浸かったり、頭皮のマッサージを欠かさず行うことで血行が原因の薄毛を予防しましょう。

ゴマは健康食品として有名ですが、近年特に、アンチエイジングや生活習慣病の予防など、身体にとても良い、たくさん効能が知られるようになっております。

それに加えて、ゴマは育毛効果も持っていると考えられます。

なにしろ、育毛に必要とされるタンパク質、各種ビタミン、ミネラル群、それに食物繊維も豊富に含まれた食品だからです。

この、タンパク質、ビタミン、ミネラル群というのは、毛髪が再生、成長、脱毛を繰り返す、正しいサイクルを維持するために、大変重要な栄養素です。

こうやって見てみると、ゴマは育毛に大変適した食材のようです。

日頃から、意識的にゴマを多く摂るようにしますと、育毛もそうですが、健康にも、とてもよい効果が期待できそうです。

いずれ変わる可能性はあるものの、今のところは適用外と厚生労働省が規定していることから、発毛や育毛の治療は健康保険の適用がない保険外診療となります。

育毛治療をするにはある程度まとまった期間を確保しなければなりませんし、クリニックでの治療にはそれなりのコストを覚悟しなければなりません。

けれども、一旦は支払わなければならないものの、年に一度行う確定申告の時に医療費控除を申告することで一部が還付されるかもしれません。

育毛治療をクリニックや病院で行った場合、保険の適用外になるので、実費で支払う必要があります。

ですから、一律料金ではなく、クリニックごとに異なる料金設定がとられています。

実際にかかる費用はカウンセリングを受けた後に決定されると思いますが、投薬だけの育毛治療よりも注射や植毛を視野に入れた治療になるとかなり治療費が高くなることを理解しておきましょう。

「○○が△△に効く」は、あまりにもメディアでありふれた言い方ですよね。

ただ、元をただしていくと、置換食でカロリー減とか、整腸作用があるとか、それなりにきちんと根拠のある理論にたどり着きます。

では、『コーヒーが育毛に効く』というのはどうでしょう。

育毛に有効という意見もあれば、刺激物なので抜け毛につながるのではとも言われています。

いったいどの説が正しいのでしょうか。

まず、コーヒーは頭をすっきりさせるといいますが、血行を促進させ老廃物の代謝を良くし、毛細血管を拡張させる効果などは育毛には有効だと考えられます。

一方、アデノシン育毛派の主張では、カフェインは育毛にきわめて有用なアデノシンという物質の分泌を阻害するというのです。

たしかにそれは事実です。

アデノシンは体の中で分泌され、毛母細胞に直接作用して発毛を促進し、成長期間を伸ばすので育毛剤にも利用されています。

実はこの物質、睡眠にも関与しており、朝からコツコツ生産され、就寝前にピークになります。

ですから、寝るときにアデノシンがたっぷりあって、自然に眠いと感じる状態が望ましいので、夕方から夜は避けて飲むべきでしょう。

そうすれば、マイナス要因を作らず、プラスの効果だけを期待できます。

ここ数年で聞くようになった、グリーンスムージーなども巷をにぎわしていますが、毛を増やすためには、果物を食べろ、といわれているようです。

果物が豊富に蓄えているビタミンやミネラルなどの成分が、薄毛の解決策として、タンパク質を作ることを手助けしてくれます。

おやつ代わりに果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。

注意が必要なのは、果物は素早く体内に吸収されるため、空腹での摂取が効率よい方法です。

育毛にかかる費用は、誰もが気になるところです。

けれど、実践する育毛方法が違えば、費用は随分変わります。

日常生活で、育毛シャンプーや育毛剤を試みるのならば、月に数千円で済むと思いますが、育毛クリニックに行くとなると、保険適応外なので、毎月あたり数万円の予算をみた方が良いでしょう。

では、植毛ならばどうでしょうか。

こちらも自毛なのか人工毛植毛にするかで施術料に大きく差が出ることを覚えておきましょう。

診察を受けたいと思っても治療費が心配な人は多いでしょう。

保険が効かないAGAの治療費はどこの病院にかかるかで大きく違うようです。

CM等でAGA専門を謳っている病院の場合は、普通のところに比べて治療にかかる費用は高めですが、より専門的で幅広い選択肢の中から治療を受けることができます。

だいたいの相場ですが、塗布や内服の処方薬による治療は専門のクリニックで1万円台後半から2万円超、ふつうに町中にある病院では1万円前後であることが多いです。

大豆食品に含まれていることで有名なイソフラボンは、育毛の手伝いをしてくれると期待できます。

女性ホルモンと同じような作用をするイソフラボンは、男性ホルモンの分泌を少なくするという効果がでています。

毎日和食を食べる生活をしていれば普通にイソフラボンを摂れるのですが、それが難しく、サプリで摂る人は、必要な用量より多く摂ってしまう危険があるので注意する必要があります。

育毛に必要な栄養素や成分があるというと胡散くさいものを想像する人もいるようです。

しかし現実にはほとんどが、普段の食事でも摂取すべきとされている食品成分ですから、きちんと理解した上で、日常生活の中に取り入れるようにしてください。

簡単に列挙すると、タンパク質、亜鉛、ビタミン、ミネラル、酵素などです。

酵素って栄養なの?という指摘を受けそうですが、サプリのように経口摂取でき、過酸化脂質の生成を抑制して細胞の老化を防ぐので、ここでは同列に入れています。

栄養が偏っていたり、血液の状態が良くないとき、本人に自覚がなくても髪やツメに症状が現れることがあります。

実際、栄養不足の状態では、髪や地肌など生命維持にあまり影響のないところへは栄養があまり回らなくなります。

暴飲暴食を避け、バランス良い食生活やメニュー選びを意識して、体全体の代謝を高めるようにするべきです。

血液内の準備が整ったら、頭皮や毛根での代謝(栄養と老廃物の交換)がスムーズに行えるよう、血行を促進することが大切です。

外食や弁当などを含む日常の食生活では、カバーしきれないことはあきらかですので、食生活に気をつけながら、育毛用のサプリメントをとるのも良いでしょう。

もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。

近年、いろいろな育毛機器が登場していて、わざわざ育毛サロンに通わなくても、自宅で本格的なケアができるでしょう。

でも、気を付けたいのは、どんな育毛機器を使うかで、自分にあったものを使わないと、結果に繋がらなかったり、最悪の場合、抜け毛が増えてしまうなんてこともあるでしょう。

また、育毛の全てを育毛機器に任せるのではなく、生活面など総合的に改善しなければ、育毛には繋がらないでしょう。

睡眠時間や食生活にも配慮していなければ、効果半減でしょう。

薄毛の要因になる抜け毛。

これは地肌の健康が損なわれたり、栄養が偏っているときに起こることです。

健康な状態を回復できるように育毛剤を使用していても効果がまったく実感できなくて中断してしまう方もいるようです。

個人差はあるものの、肌にも発毛にも周期というものがあり、育毛剤を使ったからといって効果が半月程度で得られたとしてもそれは地肌ケアレベルであり、育毛剤本来の効果が得られるのはまだ先でしょう。

ワンシーズンないし、3ヶ月程度は使用を続けてみて効果が得られたという人が多いようです(短期間で地肌の改善効果が得られた人はいるようです)。

皮膚科で薄毛の治療を受けるときにも言われることですが、育毛剤を使用するときには肌に悪い生活習慣を改善することも大いに助けになると思います。

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、すなわちAGAであるとは断定しがたいです。

しばしば相談されるものとしては、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪が多く抜けるのは生物学的に当然な現象です。

特に夏の暑さが落ち着いてくる9月頃になると、こうした季節性の抜け毛が発生するようです。

そうでなくても人間の場合、年間を通して毎日100本程度は抜けているので、私達が目にする抜け毛はほんの一部なのです。

頭皮の毛穴を開かせるためには温めてあげることが有効ですが、蒸しタオルを使用するとベターです。

蒸しタオルの作成には必ずしも熱湯は必要ではなくて、濡らしたタオルを数十秒間レンジでチンすればとてもスピーディーで簡単に作れるのですよ。

お風呂へ入るときに頭部に蒸しタオルを巻くと毛穴が開いて、シャンプーするときに皮膚の脂や頭皮の汚れを落としやすくなります。

すると健康な毛穴が出来上がるので、育毛に大変効果があるといって良いでしょう。

シャンプーで育毛するという話はよくききますが、コンディショナーも、髪や地肌の健康に配慮したものを使い、同時に育毛効果を高めたいものです。

シャンプーのみでもある程度の効果が得られるので、同じメーカーや同シリーズを無理に使うことはないと思います。

育毛効果の成分で選ぶのも良いですし、ふだんから使うのですから、使用感が本人の好みに合うかどうかも大事です。

だからといって、メントール配合のように刺激の強いものは避けるべきでしょう。

あくまでも地肌や髪に良いものを選ぶべきです。

よく、有効成分が流れてしまうような気がして洗い流しが不充分な人がいますが、ふたたびシャンプーを使って洗い流さないかぎり、コンディショナーの効果は残ります。

ですから余分な成分が残ってしまわないように、地肌までしっかりと念入りにすすぐことを忘れないことが大事です。

老廃物が体内に蓄積してくると、新陳代謝の低下を招きます。

それは体にもAGAにも良いはずがありません。

そういった状態を解消するにはデトックス(毒出し)を行い、本来あるべき状態へと新陳代謝を回復させることが可能です。

体に蓄積した老廃物を出すのに最適な手段といったら汗を出すことに尽きるでしょう。

スポーツ全般と有酸素運動、足湯、半身浴、サウナなどはリラクゼーションも兼ねられるのでおすすめです。

代謝を上げるために汗で出た分の水分補給は怠らないようにしましょう。

髪を増やすために使ったはずなのに、育毛器具によっては使うことでかえって逆効果ということもあるので、要注意です。

たくさんある育毛器具ですが、その中にはなんと頭皮を傷つけてしまうものもあるということが喚起されています。

もし、高価な育毛器具が欲しいと思った時にはまず、どんな商品で、どんな効果があるのかなどリサーチが必要です。

お金も髪の毛も大切にしなければなりません。

抜け毛対策として自宅で簡単にできる方法は、毎日実施するシャンプー方法の見直しです。

しっかりと湯船に浸かって体を温めた後、シャンプーするのは頭の毛穴が充分に開いてから実施すること、シャンプーを使用し始める前にお湯洗いを実施してしっかりと皮膚の脂を落とす、洗うときには爪を立てないようにしてなるべく頭皮を守りながらシャンプーしてあげることなどが挙げられます。

これらのことは抜け毛を防止することになるだけではなく、育毛治療をしていく上でも重要になってくる話です。

界面活性剤は髪のクセをとるのに便利なので、使用されているヘアワックスやムースは少なからずありますから、購入時には気をつけなければいけません。

たんぱく質は毛髪の主要な構成要素ですが界面活性剤には弱いので、連続して多めに使用したり洗い残しがあったりすれば髪の成長サイクルが乱れて薄毛になりやすくなります。

これがAGA治療にとってマイナスであるのはいうまでもありません。

なるべく髪と地肌にやさしい成分の整髪料を使い、髪型を整える際にも地肌への付着を避けるように注意しましょう。

きな粉の原料は大豆です。

大豆の成分である大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることから、過剰な男性ホルモンの分泌を抑えて、育毛効果があるという説があります。

全ての大豆製品にはイソフラボンが含まれていますが、大豆を粉にしたきな粉は消化も良く栄養素が吸収されやすいため、イソフラボン摂取という目的ならば、最もふさわしい食品だと言えます。

おススメな食べ方は飲み物に混ぜることです。

豆乳や牛乳を使ったものは簡単でおいしいのでおススメです。

育毛剤を髪に処方すると、副作用が現れるかというと配合されているものが強い成分であったり、濃度が低くなかったりすれば体質次第では副作用が出てくる可能性があります。

使用方法を守っていない場合にも、何らかの副作用が起きる可能性が考えられます。

使用上の注意を熟読してから使い、もしも通常ではない変化を感じたら、使うのを中止するようにしてください。

お風呂をシャワーだけで適当に終わらせるよりも、じっくり湯船で温まる方が育毛には効果があるのです。

時間的に余裕があって長めに入浴できる日には、ぬるめのお湯で半身浴を30分程度すると体内の血液の巡りが良好になって、育毛に大変良い結果をもたらします。

半身浴で入浴中に一緒に頭皮マッサージをすると更に頭皮環境には良く、育毛効果が上がります。

それと、洗髪の時には、お湯で念入りに洗髪前に頭皮の皮脂を落としてあげることも育毛や頭皮環境改善には重要です。

男らしい筋肉のある体つきというのには憧れますが、筋トレしたいというと、「ハゲるぞ」と言われた経験はないでしょうか。

育毛するから筋トレやめた!という人もいるので、なるほどそうかと思ってしまいがちです。

筋肉やそれを支える骨の成長を促すトレーニングを続けていると、テストステロンが増えると言われています。

それが男らしい髭や骨格を作るので、推奨している向きもあるのですが、一方で抜け毛が増えて薄毛が進むというのが定説のようですが、薄毛の原因が男性ホルモンのみに由来するわけではありません。

サッカー選手のように、あれだけ走って全身の筋肉を鍛えていても、影響が出ない人は全く出ないのですから、まずはAGA検査で自分の薄毛のタイプを知るべきでしょう。

男性ホルモンが影響するタイプなのかどうかは、クリニックの検査でも、通販の検査キットでもわかりますので、検査してからどうするか、考えたほうがいいでしょう。

もし不安であれば、検査するまで筋トレを控えるのは、良いことかもしれません。

AGAによる薄毛では、平凡な育毛剤はほとんんど有効ではありません。

原材料にAGA有効成分が含まれる育毛剤を使用するか、AGAを治療する機関を受診した方がいいでしょう。

男性型脱毛症は、早々に対策を講じなければ、さらに毛髪は薄くなってしまいますから、あれこれ悩んでいるだけで無く具体的な対策を取らなければなりません。

たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群、このどれもが、髪の悩みの解決に欠かせない栄養素だと言えます。

例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、このアミノ酸が、ケラチンという毛髪の主成分を構成するために必要になるのです。

なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。

ビタミンB群は髪の毛を作る毛母細胞の働きを強くします。

たんぱく質ならば、豆腐や納豆などの大豆製品に、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、また、ビタミンB群の場合はレバーまたは緑黄色野菜などに含まれているため、バランスよく摂取してください。

育毛と聞いて、頭をブラシでトントン叩くのをイメージする人は少なくないようです。

以前、そんな商品のCMがありましたし、血行→刺激→トントンの図式は肩こりと同じなので、わかりやすいのかもしれませんね。

でも、自己流でブラシでトントンしてしまうことを考えるとちょっと怖くなります。

市販のブラシは力を逃がすことに配慮していません。

そんなもので叩けば薄毛にならないという保証はありますか。

むしろ頭皮をいじめているのではないでしょうか。

頭皮は爪などに負けて荒れるほどデリケートです。

叩くような刺激を与えると頭皮が傷ついてしまいます。

もっと深刻なのは毛根にダメージを与えて抜け毛を増やしてしまうことでしょう。

角質層が厚くなってフケが増えたり健康な髪が生えなくなったりします。

そんなことより効果的なのは頭皮マッサージですが、間違っても爪でカリカリしないでください。

指先だけを使って余分な負担をかけないようにしましょう。

心配な人は、専用の頭皮ストレッチャーを使うと力の加減が出来て良いかもしれません。

薄毛を改善したいと思った時に意識することは、髪と頭皮を汚れのない状態にしておくことだったり、食事、睡眠時間の確保など、生活習慣についてがほとんどでしょう。

もちろん、それらも重要なことなのですが、実は、寝る時の頭の位置も育毛に影響を及ぼします。

例えば、仰向けに寝る場合、左右均等を意識することで、血流が偏ったりしなくなるのです。

または、横に向いて寝る時に関しては、肝臓の重みが内臓を圧迫しないように右を向いて、睡眠中でも寝返りを打ちやすい低めの枕を使って寝るのがいいです。